遺品整理の時期とは?いつから準備すべきか・スケジュール・流れを解説

遺品整理のスケジュール

この記事では、遺品整理をいつから行うべきか?という疑問についてお答えします。

悲しみに暮れるばかりでは、故人様も浮かばれません。

故人様を偲みつつも気分を切り替え、快く送り出して差し上げることを望んでいらっしゃるはずです。

この記事を読んで、遺品整理のスケジュール感を確認しましょう。

遺品整理に最適な時期とは?

遺品整理に最適な時期

遺品整理はいつ行うのがよいのでしょうか。

結論から申し上げると、以下の4つのタイミングで遺品整理を行う方がほとんどです。

  1. 葬儀の直後
  2. 諸手続きの完了後
  3. 四十九日法要の後
  4. 相続税が発生する前

このうち、もっとも一般的なのは「四十九日法要の後」です。

故人様の魂は、死後四十九日経過して、現世から天国へ旅立つとされています。

遺族や親族の出席率も高く、また葬儀直後に比べてある程度悲しみから立ち直り、落ち着きを取り戻しつつあるタイミングであることもポイントです。

また、ご遺族の多くが遠方に住んでいらっしゃる場合などは、葬儀や行政手続きと併せて遺品整理の段取りを整える場合もあるようです。

遅くとも、相続税を申告する必要が生じるお亡くなりになって10ヶ月以内に遺品整理を行う場合がほとんどです。

行政の届出などとは違い、遺品整理には期限が定められていません。

ご遺族の方の感情を優先し、その次に打ち合わせや作業の日程から時期を決めるのがおすすめです。

ご紹介した4つのタイミング、少なくとももっとも遅い場合の「相続税の申告タイミング」だけでも頭に入れておけば、時期を決める際もスムーズになるでしょう。

遺品整理業者に連絡する時期・タイミング

遺品整理業者に連絡する時期・タイミング

少子高齢化に伴い、近年では遺品整理の専門業者に依頼する方も増えています。

連絡した翌日には利用できる遺品整理業者がほとんど。

タイミングにもよりますが、場合によっては当日でも遺品整理が利用可能な場合もあります。

まずはお住まいの地域に対応している遺品整理業者に問い合わせ、見積もりと併せていつ対応できるか確認しましょう。

見積もりの際は条件の良い遺品整理業者を見極めるため、複数の業者に連絡するのがおすすめです。

年中無休で対応している遺品整理業者もありますので、年末年始などでも利用することができます。

お盆やゴールデンウィークなど、ご遺族の方が集まりそうな大型連休の際には混み合うことが予想されますので、予め日程に余裕を持って問い合わせておくのが安全です。

遺品整理の時期・タイミング|まとめ

いかがだったでしょうか。

遺品整理は繊細な話題のため、話題に持ち出すのをためらう場合もあるでしょう。

しかし、いたずらに遺品整理を長引かせては、故人様も気を焼くことでしょう。

天国に向けて気持ちよく送り出すためにも、なるべくご親族が揃う時期に遺品整理を行うよう提案してみてはいかがでしょうか。