遺品を処分する方法と費用を解説!手順も合わせてチェック!

遺品の処分方法と費用

ご家族や身近な人が亡くなった際には、遺品を処分する必要があります。

いざ遺品整理を進めなければいけない状況になったら、どうすればいいかわからないといった方も多いでしょう。

大切な方の遺品なので処分するのが躊躇われますが、全てを保管しておくのは難しいので処分しなければいけません。

今回は、遺品整理の基礎から進め方までご紹介します。

何から始めるべきかわからずお困りの方はぜひ参考にして、遺品整理を進めましょう。

遺品整理とは|遺品の処分は何から始めればいい?

遺品整理とは|遺品の処分は何から始めればいい?

遺品の処分にあたって、まずは保管しておくもの・形見分けするもの・処分するものに分けます。

そもそも遺品整理とは、亡くなった家族や身内の方が生前に使用していた物を整理することです。

一軒家であれば残しておくことも可能ですが、お金がかかるので整理しなければいけないことが多いでしょう。

遺品を仕分けするにも取り扱いに戸惑う方もいるのではないでしょうか。

続いて遺品整理をする際に生じる罪悪感について見ていきましょう。

亡くなった人の遺品を処分するときに抱く罪悪感の原因

亡くなった人の遺品を処分するときに抱く罪悪感の原因

遺品を処分するにあたって罪悪感を感じる方もいらっしゃいます。

罪悪感は以下の場合に抱くことがあります。

一つずつ見ていきましょう。

罪悪感を感じる方に多い理由
  • 家族や親族と相談せず遺品整理した場合
  • 遺品を不用品のように考えている場合
  • アルバムや日記といった故人の思い出の品の処分
  • 神棚や仏壇など故人が信仰していた遺品の処分

家族や親族と相談せず遺品整理した場合

家族や親族と相談せず、遺品を処分した場合に罪悪感を抱く方が多いです。

遺品整理は故人と過ごした時を思い出しながら行えば、気持ちの整理もつきます。

そのため、遺品を処分する際は家族や親族の方と一緒に進めるのが望ましいです。

また、勝手な判断で進めると、遺産として価値のある遺品をめぐって相続トラブルに発展する可能性があります。

遺品を不用品のように考えている場合

遺品を不用品のように考えている場合もまた、罪悪感を感じる傾向にあります。

遺産となる遺品や思い出の品を形見分けしたら、残りの遺品は処分するケースが多いでしょう。

自治体の粗大ゴミに出すのは気が引けるといった方はお焚き上げといった供養をしてから処分する方法もあります。

そのまま捨てるなら他の人に使ってもらいたいといった要望があれば、業者に買い取ってもらうのも1つの手段です。

故人の遺品を捨てるのは心苦しいといった方は、遺品整理業者にお焚き上げを依頼しましょう。

アルバムや日記といった故人の思い出の品の処分

アルバムや日記といった個人の思い出の品を処分する際に罪悪感を感じることがあります。

故人の大切な思い出の品であり、処分しづらいものです。

思い入れのある写真はとっておくことも可能ですが、カビが発生していたり黄ばんでしまっている物は保管しておくのが難しいため処分を検討してみてはいかがでしょうか。

思い出深い遺品を処分するときは遺品供養を行うと良いでしょう。

神棚や仏壇など故人が信仰していた遺品の処分

神棚や仏壇といった故人が信仰していた遺品を処分する際に罪悪感を覚える方もいます。

サイズが大きい神棚や仏壇はスペースを取り、自宅で保管するのは難しいです。

やむ終えず処分しなければいけない状況でも、処分するのは躊躇われるものです。

神棚や仏壇を処分する前に、菩提寺の僧侶へ閉眼供養を依頼しましょう。

閉眼供養とは故人の魂を天に還す儀式で、神棚や仏壇を単なる物体へと戻すために行います。

閉眼供養をせず神棚や仏壇を処分すると、魂も処分することになってしまうので注意しましょう。

自分で遺品を処分する方法・手順

自分で遺品を処分する方法・手順

ご自分で遺品を処分する方法・手順をご紹介します。

自分で遺品を処分するときに用意したほうが良いものは以下の通りです。

自分で遺品を処分するときに用意するもの
  • 作業服
  • 軍手
  • スリッパ
  • ダンボール
  • ゴミ袋
  • 台車など
STEP.1
思い出の品や貴重品といった形見の仕分け
思い出の品や貴重品など形見となるものを仕分けます。通帳・クレジットカード・パスポート・貴金属といったものを整理しましょう。
STEP.2
処分するもの・リサイクルするものの分別
形見分けするものの整理ができたら次に、処分するものとリサイクルするものに分別します。家具・家電屋・衣類はリサイクルショップで買い取ってもらう選択肢もあります。そのまま捨ててしまうのが躊躇われれる方は、リサイクルをおすすめします。
STEP.3
仕分けた遺品の処分
処分する遺品を廃棄します。自治体ごとに分別が異なりますが、燃えるゴミ・燃えないゴミ・粗大ゴミに分けるのが一般的です。大型家電・消化器・ピアノなど一部自治体では回収できないものもあるので必ずホームページをご確認ください。

業者に依頼して遺品を処分する方法・手順を解説

業者に依頼して遺品を処分する方法・手順を解説

業者に依頼して遺品を処分する際は、貴重品や資産となるものを分け、まとめて引き取ってもらう形になります。

遺品の仕分け作業をご自分でしなければいけないことには変わりません。

ただし、遺品の処分だけでなく供養や買取も依頼できる業者もあります。

ご自分で大量の遺品を処分したり、仕分けるのが難しい場合は業者に依頼すると良いでしょう。

遺品整理を業者に依頼したときの費用が気になる方は次の章をご覧ください。

遺品の処分にかかる費用はどれくらい?

遺品の処分にかかる費用はどれくらい?

遺品の処分にかかる費用はどれくらいなのかと不安に思う方も多いのではないでしょうか。

故人の残した遺品の量にもよりますが、一般的には部屋のスペースに比例して処分費用が高くなります。

業者に依頼したときにかかる費用相場を見ていきましょう。

間取り 相場
1R・1K 30,000〜70,000円
1DK 50,000〜110,000円
1LDK 70,000〜190,000円
2DK 90,000〜250,000円
2LDK 120,000〜290,000円
3DK 150,000〜390,000円
3LDK 170,000〜490,000円
4LDK以上 220,000〜590,000円

不用品の量だけでなく作業人数や、作業する場所の状態や作業時間によっても金額が変わるので、目安として捉えておきましょう。

まとめ

遺品の処分方法をご紹介しました。

自分で遺品整理する方法や業者に依頼する方法があります。

費用面が気になる方はご自身で、時間の確保や作業が難しい方は業者に依頼することをおすすめします。

遺品整理業者の選び方が知りたい方はこちらの記事も合わせてご確認ください。

遺品整理のコツと注意点 遺品整理のコツと注意点を詳しく解説 遺品整理のタイミング 遺品整理を行うタイミング・時期はいつが良いの? 遺品整理の仕方、準備、時期、費用、遺品整理業者