遺品整理の注意点とは?見積もり・当日の気をつけるべきポイントを解説!

遺品整理の注意点

この記事では、遺品整理の注意点について詳しくご紹介します。

故人様の大切な遺品を整理するにあたって、繊細な配慮が求められます。

作業内容に関する物理的なトラブルだけでなく、親族間での感情的なトラブルにも配慮する必要があるのです。

スムーズな遺品整理で故人様の最期を美しく飾るため、要点を抑えておきましょう。

遺品整理|準備段階の注意点とは?

遺品整理|準備段階の注意点とは?

個人が亡くなられてから遺品整理を行うまでの期間、もしくはご健在のうちに遺品整理の計画を立てる場合に注意すべき点を確認しておきましょう。

  • 手続き書類を早めに準備する
  • ご遺族間への確認・打ち合わせで配慮を示す
  • 必要に応じて遺品整理業者などの活用を検討する
  • デジタル遺品や処分できないもの(レンタル品など)の確認
  • 生前に遺言状やエンディングノートを作成する

遺品整理にばかり目が向き、行政への届出や車・不動産などの手続きを怠らないよう注意しましょう。

期日が設けられているものが多いため、確実に手続きを行いたいところです。

また、遺品整理の準備を行うタイミングはご遺族様の間の感情もかなり繊細になっていることでしょう。

手続きや遺品整理について、担当者や作業範囲、大まかな日程、プロの業者に依頼するのか、といった点についてご親族様の間で打ち合わせを行いましょう。

ここを怠ると、個々の役割や責任が不明確になり、いつまでも作業が進まないことになりかねませんので注意が必要です。

複数の相続人が金品の配分について揉め事を起こす…。といった最悪な事態に発展する可能性もあるので注意したいところです。

直接の打ち合わせが難しくても、SNS等で周知を行うことでトラブルを回避しやすくなるのでおすすめです。

さらに、パソコンや携帯電話などのデータが残るものに関しては、処分する前に記録媒体を初期化しておくよう注意しましょう。

ご健在の間に遺言状やエンディングノートなどで遺品整理についての希望を明記してもらうのも有効です。

ご健在の方に提案するのは複雑な心境かもしれませんが、遺品整理の円滑化に大きく寄与します。

遺品整理|業者選びの注意点は?

遺品整理|業者選びの注意点は?

ご親族との打ち合わせの結果、遺品整理業者を利用することになったとします。

その際、以下の点に注意しましょう。

  • 悪徳業者に注意する
  • 複数の遺品整理業者で見積もりを取る
  • 対応範囲・作業内容に注意する
  • キャンセル料・追加料金に注意する
  • 当日の立ち会いが必要か確認する

遺品整理業者の中には、サービス品質の悪い悪徳業者が存在するのも事実です。

公式HPなどで所在地・取得資格・クチコミなどを確認するのがおすすめです。

また、作業の対応範囲などは業者によって大きく違いますので予め確認するように注意しましょう。

遺品整理|当日の注意点とは?

遺品整理|当日の注意点とは?

続いて、遺品整理当日の注意点を確認していきましょう。

  • 遺品整理業者に希望する作業内容を明確に伝えておく
  • 遺品整理業者の見積書から必要な料金を用意しておく
  • 電気・水道を使える状態にする
  • 作業中は近所や近隣への配慮を忘れないよう注意
  • 処分を躊躇うものは一時保留がおすすめ

業者に依頼する場合、分別や仕分けは不要な場合がほとんどです。

反面、処分せず残しておく予定だったものが処分されてしまったりする危険があります。

そうした事態を防ぐため、予め残しておきたいものを一箇所に集め、作業開始時に遺品整理業者にその旨を伝えておくよう注意しましょう。

作業中に捨てるかどうか判断に迷う際は、念のため取っておくのがおすすめです。

遺品整理作業の際に電気・水道を使えないと効率が大きく下がってしまうため注意が必要です。

遺品整理の注意点|まとめ

いかがだったでしょうか。

大切な故人様を失って冷静さを欠いた状態で遺品整理を進めると、後々トラブルを招くことにつながります。

今回ご紹介した内容をもとに注意点を回避し、気持ちよく故人様をお見送りしていただければと思います。