これさえ読めば不用品処分の方法が分かる【不用品処分マニュアル】~不用品回収・粗大ゴミ処分~

不用品回収業者って全国にたくさんあるけど、そもそもなんで業者が必要なの?
お金をかけてまで、使う意味、メリットはあるの??と思う方もいらっしゃると思います。その悩みはこの記事を読めば一発で解決します。

不用品の処分方法

不用品の処分方法
では、なぜ不用品回収業者を使うのか。その理由を徹底解説していきましょう。
「不用品」といっても、小さい物はお皿から大きい物は冷蔵庫と様々な種類があります。
これらを処分するときに、これどうしたらいいんだろう・・・とネットで「お皿 処分方法」「冷蔵庫 処分方法」と検索すると思います。その時に出てくる処分方法は、大きく二つです。
「自治体に依頼して処分」「民間の不用品回収業者に依頼する」

不燃ゴミとして自治体に処分してもらう方法

不燃ごみとして自治体に処分してもらう
最も身近な処分方法が、ゴミの日に不用品を出す方法です。「燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミ、有害ゴミ、資源ゴミ」とゴミを種別に分けて回収してもらいます。ある程度、大きな不用品でも解体して小さくすれば不燃ゴミとして処分することができます。小さくってどれくらい・・・ということですが、自治体により変わる場合もあるので一概には言えませんが、一般的には「一辺の長さが最大30cm」この大きさを越えなければ「不燃ゴミ」になるそうです。
しかし、ここで気を付けなければいけないのが、自治体によって「不燃ゴミとする物は異なる」という所です。お住いの自治体ホームページに不燃ごみの種類が記載されているので、一度チェックしてみましょう。

粗大ゴミとして自治体に処分してもらう方法

粗大ゴミとして自治体に処分してもらう方法
不用品を「粗大ゴミ」として自治体に処分してもらう方法を紹介します。

1辺の長さが最大30cmを超えてしまう不用品は、「粗大ゴミ」として有料で自治体に処分してもらう必要があります。処分方法は、各自治体で異なりますが、一般的な処分方法は、
「指定の場所に指定日時に出す」「自治体の指定場所に持ち込む」この2つです。

まず、「指定の場所に指定日時に出す」ですが、事前申し込みが必要となります。申込先はお住いの地域により異なりますので、お住いの自治体に確認してみてください。事前申し込みの際に、不用品の量や、大きさ、氏名、住所を聞かれるので、準備しておきましょう。また、搬出場所と回収日時も伝えられますので。必ずメモを忘れないで下さい。勿論、無料で回収してくれるわけではないので、粗大ゴミ処理券というものを購入して不用品に貼り付けてから指定場所へ搬出する必要がります。粗大ごみの品目により、金額が異なりますので申し込みの際に聞いておくといいでしょう。もしくは、自治体のホームページに金額や粗大ゴミ処理券の取り扱い場所が記載してある場合が多いので、確認してみてください。

次に、「指定場所に持ち込む」です。こちらは、自治体の指定処分施設まで不用品を自分で運搬する方法です。自分で運搬する手間があるものの、費用が断然安くなります。無料になるものから半額になるものまで、不用品により金額は異なってきます。お住いの自治体により、運搬先の施設や処理費用は変わりますので、自治体のホームページをチェックしましょう。

不用品を自治体に処分してもらうメリット

不用品を自治体に処分してもらうメリット
では、自治体に不用品を回収してもらうメリットは何なのでしょうか?
それは、「費用が断然安い」ことだけといっても過言ではありません。

行政が回収を行うので、圧倒的に費用が民間業者と比べて安いです。
民間業者の中には、高額な費用を取ろうとする悪徳業者も中にはいます。
しかし、行政では予め回収金額が品物ごとに決まっているため、ぼったくられるなどというトラブルに見舞われることは一切ありません。

不用品を自治体に処分してもらうデメリット

不用品を自治体に処分してもらうデメリット
実は、不用品を自治体に処分してもらう方法はメリットよりもデメリットが多いことが現実です。

その内容は、「手間が非常にかかる」「回収までに時間がかかる」「ケガや家の破損のリスクが伴う」「身バレのリスクがある」「家電リサイクル法に該当する不用品は回収できない」といったことです。

自治体に回収してもらうには、家の中から不用品を指定場所まで運搬する必要があります。
軽い物なら全く問題はありませんが、これが大きい不用品だと、転倒や腰を痛めたり、家の中を傷つける危険が伴います。

さらに、指定日時のみしか回収はしてもらえないのでそれまで家に不用品を保管しなければなりません。予約でいっぱいの時は2週間ほど待たされる時もあります。せっかく不用品を処分するぞ!という気になったのに、家に2週間も不用品があるのは心に引っ掛かりますよね。

身バレのリスクがあるの?と思う方もいらっしゃると思います。これは、行政の指定処理施設に持ち込む場合は関係ないのですが、指定場所に出す際には、粗大ごみ処理券に氏名を書く必要があります。その際に、ご近所さんや道を通った人にOOさんがゴミを捨てているんだとばれてしまうのです。

「洗濯機・衣類乾燥機」「エアコン」「冷蔵庫・冷凍庫」「テレビ」これらは家電リサイクル法に該当する不用品なので、行政では引き取ってもらうことができず、家電量販店に持ち込むなど別の処分方法を取る必要があります。

不用品が1点ならいいのですが、複数点あるとかなり手間になるのがわかると思います。

不用品を不用品回収業者に回収してもらう方法

不用品を不用品回収業者に回収してもらう方法
不用品を不用品回収業者に回収してもらう方法ですが、こちらはとてもシンプルです。

民間業者に回収してもらいたい旨を伝えて、事前見積もりをしてもらいます。
見積もり費用を出してもらい、希望日時を伝え日時のすり合わせをして回収に来てもらいます。

この時に、複数の業者に相見積もりを取っておくと、見積もりの概算が出たときに金額の交渉がやりやすくなります。

自治体とは違い、家の中から不用品を搬出しておく必要はありません。不用品回収のプロスタッフがあなたの自宅内から不用品を運搬・回収してくれます。

不用品回収業者を使うメリット

不用品回収業者を使うメリット
不用品回収業者を使うメリットですが、「手間が一切かからない」「即日不用品を回収してもらえる可能性が高い」「家電リサイクル法に該当するものでも回収してもらえる」「複数の不用品でも一回で回収可能」「不用品によっては買取してもらえるものもある」などたくさんあります。

不用品回収業者に回収を依頼すると、家の中から不用品を解体・運搬してもらえるので特に何もする必要はありません。業者のサービス内容によって異なりますが、予約が空いていれば当日回収してもらえることもあります。そのため、「処分したい!」と思い立ったらすぐに処分することが可能です。

業者の中には、古物商を取得して買取も行っているところがあります。その場合、買取金額を見積もり金額から引いてもらえることがほとんどです。

不用品として処分されてしまうのではなく、少しでもお金になれば嬉しいですよね。

不用品回収業者を使うデメリット

不用品回収業者を使うデメリット
不用品回収業者を使うデメリットは何なのでしょうか?
それは、「自治体に頼むよりも料金が高い」「中には悪徳業者もいる」
ということです。やはり民間なので、どうしても自治体よりも回収料金は高くなってしまいます。

中には回収した不用品を山にポイ捨てしてしまったり、見積もりとは全く違う金額を請求してくる業者さんもいます。

不用品を処分したいと焦る気持ちは、重々わかりますが、複数社に依頼して比較することを忘れないようにしましょう。

ここに頼めば間違いなし。オススメの不用品回収業者を紹介!

オススメの不用品回収業者を紹介していきます!

【大分県の不用品回収業者①】KADODE

不用品回収業者KADODE
KADODEさんは19都府県という幅広いエリアで不用品回収や遺品整理、ゴミ屋敷の清掃を行っています。所有しているトラックの台数が非常に多く、24時間365日受付を行っているため、
不用品を処分したい!と連絡すると即日で回収に来てくれます。

出張費、見積もり費用が無料のため気軽に見積もりすることができます。
2階以上からの運び出しでも追加料金を取られることはありません。

さらに、買取サービスも行っているため、料金を抑えたい方にはお勧めです。
19都府県が対応エリアということで、実績数も非常に多く安心して依頼することができます。

私が一番おすすめなのはまごころパックというものです。既定の量を超えてしまっても、次の容量のプランではなく、超えた分だけの料金を払えばいいというものです。

料金を抑えて、急いで不用品を処分したい方は「KADODE」さんがイチオシです。

大分県の不用品回収業者に粗大ゴミ回収してもらう

まとめ

ここまで、不用品の処分方法を紹介してきましたが、自分にぴったりな処分方法は見つかりましたでしょうか??

不用品を処分するということは手間がかかりますし、非常にストレスになります。
そのため、私は不用品回収業者に処分を依頼することを強くお勧めします。

手間も一切かかりませんし、ストレスフリーに家も心もスッキリしますよ♪